寄付プロジェクト

日本全国の消防車約4万台にペット用酸素吸入マスクを寄付配備しよう!

 

アメリカ、カナダ、フランス、ドイツなど、世界各国で消防士が火災現場や水難事故によって心肺停止になったペット(犬や猫)をペット用酸素マスクを用いたCPR(心肺蘇生法)で救命処置を行っています。

同時に消防士が現場でペットを助ける法的義務があるのか?という声もあるが、ペットは消防法第1条で、財産に該当するため、人命救助が優先されるが、ペットの救命救急処置も法的根拠に基づいて行われています。

日本でも私が現役レスキュー隊だった30年前から、建物の塀と塀に挟まれた猫の救助、マンホールに落ちた子犬の救助、また、火災現場から煙に巻かれた犬や猫を助けていましたが、当時は救助車や消防車に携帯酸素ボンベセットを積載しておらず、また、ペット用の酸素吸入マスクもなかったため、心肺停止したペットの救命率は低かった記憶があります。

Specially-Made-Pet-Oxygen-Mask

MaskSetV7148

pet_Oxygen_Mask_Anbu

日本でも、諸外国のように全国の消防車、救助車、救急車にペット用酸素吸入マスクを常備車載し、ペットの救命率を高めることができればと考えております。

ただ、今の日本では、消防のペットの救急に対しての認識は極端に低く、予算を付けてまで購入することは、まず、考えられません。

そこで、一般社団法人 日本防災教育訓練センターでは、日本で始めて、全国の消防署にペット用酸素吸入マスクを寄付してペットの救命率を向上させるため、みなさまのご寄付を集めて、お住まいの地域の消防署などに寄付させていただき、いずれは、日本全国の災害現場で活躍する約4万台すべての消防車両にペット用酸素吸入マスクを常時車載していただこうとプロジェクトを開始いたしました。

もし、ご寄付いただける方は、下記のフォームからお申し込みをいただき、お住まいの地域の消防署に寄付させていただきます。ご寄付いただいた金額は、税額控除(寄付控除)として確定申告いただけます。

なお、ペット用酸素吸入マスクは、大・中・小と酸素供給ホース、専用バック込みで1セット、2万9800円となります。

・ご寄付の金額は、1000円から無制限とさせていただき、当法人で、寄付先の消防署を決めさせていただきますので、ご安心ください。
・ご寄付(1セット、2万9800円)をいただいてから、ご希望の消防署、または、ご希望がない場合は、お住まいの管轄の消防署に寄付させていただき、寄付完了後のご報告をさせていただきます。もし、ご自身で寄付されたい方は、ご自宅に郵送させていただきます。
・申込者の個人情報は、一般社団法人 日本防災教育訓練センターのペット用酸素吸入マスク寄付プロジェクトに関する用途以外には使用しません。また、セキュリティには十分配慮します。

ご寄付は、下記の口座にお振り込みをお願いいたします。
・お振り込み手続き完了後は、お取り消し・ご変更・ご返金は一切承れませんのでご了解ください。
・お振り込み手続き完了後に下記フォームに入力していただいたメールアドレスに申し込み受け付け確認メールが配信されますので、ご確認ください。

三菱東京UFJ銀行
【口座店】自由が丘支店
【口座名】シャダンホウジン ニホンボウサイキョウイククンレンセンター
【店番】794
【預金項目】普通預金
【口座番号】0195336

ペット用酸素吸入マスク寄付プロジェクトについてのご質問、お問い合わせ、ご意見は、info@irescue.jp03-6432-1171まで、お気軽にご連絡ください。

 

お名前 (必須)

お名前(フリガナ) (必須)

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)

メールアドレス (必須)

寄付金額 (必須)

メッセージ本文